--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-01-06

「幻」特撰ぶりの寿し

ひさびさに、駅弁です。。

幻特撰ぶりの寿し松崎弘和グルメ

今、蘇える秘伝の味 幻のぶり寿し
ぶりの寿しの製造方法としては当社オリジナル。かぶ、にんじん、昆布等を使用せず血合いを取り除いたぶり身だけで作り上げ、にぎり寿しの食感が楽しめる押し寿し。


きっちり、血合いを取り除き、真っ白な身だけを使用した贅沢な一品

箱の「黒」が高級感を煽ります。


値段は1,900円とお高めでしたが、

通常のぶりの寿しには血合いが入っていて、

こちらを選んで正解だったと思う。。


姉妹品?に「ますの寿し」「幻ますの寿し」も

あるのだが、

正月に「鯉こく」を食べて、川魚系はちょっと・・

と思っての「ぶり」選択


生臭さもなく、とても食べやすかった。


しいて言うなら

醤油の量を倍ぐらいにして欲しい。。



スポンサーサイト

theme : おすすめ。
genre : ライフ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

生臭さがないなら食べてみたい!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。